段ボールの構造

ダンボールは左図の様に、波型の中芯と、その中芯を挟むように貼られたライナーからできています。

中芯とライナーには種類があり、さらに中芯の波の数と高さにも何種類か規格があります。

このダンボールの波の数と高さの規格のことをフルートと呼び、ダンボールの強度は、上述の3つの要素(1.フルート、2.ライナー、3.中芯)の組み合わせで決まります。

段ボールの種類

片面段ボール
両面段ボール
複両面段ボール(ABフルート)
複両面段ボール(強化段ボール2A)
複々両面段ボール(強化段ボール3A)

 

段ボールには種類があり、中芯にライナーが両面張り合わされた一般的なものを「両面ダンボール」、片面のみ貼り合わされた物を「片面ダンボール」と呼称します。

さらに、2層の「複両面ダンボール」、3層の「複々両面ダンボール」のように強度に優れたものもあります。

「複両面ダンボール」と「複々両面ダンボール」に関しましては、重量梱包用の特殊な強化ダンボールがあります。 詳しくは別項の「HiPLE-ACE®:王子インターパック」のページをご参照ください。

フルートの種類

名前 厚さ 特徴・用途
A段 約5mm 一般的に外装箱として使われており、様々な用途の梱包箱として使われています。
B段 約3mm 比較的軽いものの梱包や、内箱として使われます。
C段 約4mm A段と同様に外装として使用されます。
A段より薄いため、省スペース化を図ることができます。
AB段 約8mm A段とB段を貼り合せており、強度に優れています。
重量物、輸出製品等の梱包に使われます。
E段 約1.5mm B段よりも薄い約1.5mmの厚さのダンボールで、美粧性に優れ、主にギフト箱、内装箱などの用途で使われます。
G段 約0.9mm 用途としてはE段と同様に美粧性に優れているため、ギフト箱等に使用されます。

ライナーの種類

強度 米坪量 名前
約280g/㎡ K7
約210g/㎡ K6
約170g/㎡ K5
約160g/㎡ C5

ライナーには「ジュートライナー(Jute Liner/Cライナー)」と「クラフトライナー(Kraft Liner/Kライナー)」があり、ジュートライナーは古紙含有率が90%以上の紙で、クラフトライナーは古紙の含有率が低く、バージンパルプの割合が高い丈夫な紙になります。

現在ライナーの種類は基本的には、「C5:約160g/㎡」、「K5:約170g/㎡」、「K6:約210g/㎡」、「K7:約280g/㎡」の4種類となります。

併記してあります㎡あたりの目付が大きいほどライナーとして丈夫になります。

中芯の種類

強度 中芯原紙

MM200g/㎡
MM180g/㎡
SCP160g/㎡
SCP120g/㎡

中芯原紙は100%古紙でできており、基本的にはセミケミカルパルプ芯である「SCP120g/㎡」と「SCP160g/㎡」、強化芯である「MM180g/㎡」と「MM200g/㎡」等があり、強化芯は薬品で強度を上げたものとなっています。

中芯の場合も、ライナーと同様に平米あたりの目付けが大きい材質の方が丈夫になります。

その他ダンボールについて

弊社では、一般的なライナー色である茶色と白以外の各色のライナーを取り扱っております。
さらにエンボス加工等を施したシートもあり、美粧性に優れた内装箱、個装箱も提案することができます。
また、箔押し加工もでき、箱にポイントでアクセントを加え、高級感を施すこともできます。

他にも主に青果物で使用される耐水・撥水加工された段ボールの加工等もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。